金貸し屋で安心安全に即日でお金を借りる|金融業者3選

金貸しは銀行、消費者金融、個人融資、闇金と幅広く存在します。その中で違法な金利で暴利を貪る集団がいます。間違ってもその金貸し屋からは借りないように「安心・安全」な金貸しを紹介したいと思います。

 

 


アローは最短45分で審査完了!フリープラン200万円まで。金利15%<~19.94%/。/p>

詳細はこちら

 


セントラルは30日間の無利息期間をサービスがあり、全国のセブンイレブンATMで借入、返済ができます。

詳細はこちら

 

中堅の金貸しに申し込む3つのメリット

金貸しから今すぐ借りたい、即日で借りたいと思っている人は大手消費者金融を 選ぶことをお勧めします。そのメリットは3つあります。

1、安心安全

2、 即日に対応している

3、 30日間の無利息サービス

中堅の金貸しから安心安全に借りる

 

中堅の金貸しといえばセントラル、フタバ、フクホーなどが有名ですね。CMはやっていないので初めて聞く方もいるかもしれませんが、これらの消費者金融は大手の金貸し、アコム、プロミスなどと同じように安心で安全です。

中堅消費者金融からお金を借りることは安心、安全につながります。 なぜなら賃金業法に則った総量規制内で貸付を行うからです。

総量規制とは年収の1/3まで融資ができることで、初めてお金を借りる方はどんなに年収が多くても、まずは50万円の融資になります。 そして借りては返すと言った信頼を積み上げると、 年収300万円の方なら年収の1/3の100万円まで融資を行えます。

金融業者を選ぶときに誤った選択をしてしまい、いつもまにか返済不能に陥り自己破産や任意整理になることがあります。そうならないためにも怪しい金融業者からは借りず、まずは準大手消費者金融から借りるほうが賢い選択です。

ここ最近、銀行カードローンから年収の1/3以上の融資を受けたことが原因で、自己破産した人が増えたと言われています。たしかに銀行は銀行法に則った貸付基準で融資を行います。銀行法は賃金業法の年収の1/3までとする総量規制は当てはまりません。そのため年収の1/3以上の金額を融資することは可能です。しかし銀行カードローンの貸付額が増えたことと、自己破産者の件数が増えたことの因果関係を示した統計はありません。要は銀行カードローンで年収の1/3以上借りたことで、自己破産者が増えた直接的なデータはないと言う事です。しかし多くの銀行はこの事態を重く受け止め、年収の1/3まで融資を行うように自主規制を行っています。

金貸し銀行カードローンと自己破産件数の増加に因果関係は?

中堅の金貸しなら即日の可能性あり

今すぐ借りたい、即日で借りたいという人は中堅消費者金融をオススメします。小消費者金融や銀行カードローンは即日に対応していないところがほとんどです。

中堅消費者金融は大手消費者金融で借りることができない人が行くことが多く、大手で借りれない点を踏まえて、審査を慎重に行いますが、柔軟な審査が特徴になります。

銀行カードローンも銀行ならではの独自の審査となっており融資までに最短で翌日、おおよそ1~2週間はかかります。

その点、中堅消費者金融は 申し込みから振込まで、最短30分で融資することも可能です。ネット銀行やコンビニATMを使えば24時間365日借入から返済ができ便利です。

金貸しは進化している「カードレスと在籍確認」

金貸しからお金を借りる時、家族や会社に人に「バレるのでは」と気になる人もいると思います。バレる原因は

1、審査の中で会社への在籍確認でバレた

2、消費者金融のカードが財布に入っていてバレた

3、無人契約機から出入りしているところを見られた

これらの原因がありますが、準大手消費者金融で借りた場合、上記3つの「バレる」原因を対策することができます。

審査の中で会社への在籍確認でバレた

金貸しから借りる時は必ず審査があります。その中で 会社へ電話連絡し在籍しているのかを確認する審査があります。 消費者金融の担当者個人名で電話をかけてくれますが、感の鋭い会社を人が電話を受け取った場合バレてしまうことがあります。 そうなことを防ぐため電話連絡の在籍確認をなしにするサービスがあります。smbcモビットは 100%「在籍確認なし」を掲げている消費者金融です。ちなみに銀行カードローンは審査が厳しく、会社に電話連絡し在籍確認をします。

消費者金融のカードが財布に入っていてバレた

金貸しでお金を借りるとカードは発行されます。そのカードをが自宅へ届いた時家族へバレることがあります。 もしくはカードが財布へ入っていて財布を見た家族がカードをの存在に気づくというパターンもあります。 そのようなことがないようにカートなし(カードレス)のサービスを大手消費者金融は行なっています。カードなしの場合WEBで借り入れや返済を行います。ネット銀行がない場合はコンビニATMで借り入れや返済を行いますが、スマホが必要となります。スマホを調べられるとバレそうですが、消費者金融にログインした履歴を消せば問題ありません。それよりもカードがある「バレるリスク」のほうがはるかに高いのです。

無人契約機から出入りしているのを見られた

「駅前の無人契約機に出入りしているところを、会社の人と出くわしてしまった」となると一気に会社内の噂になりそうですよね。しかしながら今は、ほとんどのことがスマホで完結し、コンビニATMでも借り入れ返済ができます。安心して消費者金融を利用できます。

非公開: 「電話連絡でバレない工夫」会社への在籍確認なしでバレずに借りる

大手の金貸しから借りるデメリット

「気付いたらヤミ金から借りてしまった!」なんてことにならないために、なるべく大手の消費者金融で借りたほうが安心ですね。だからといって大手消費者金融は誰にでも貸しているわけではなく、借りたくても借りれない人がいます。具体的には

1、ブラックは借りれない

2、総量規制以上は借りれない

3、定期収入がないと借りれない

このあたりが大手消費者金融のデメリットと言えるかもしれません。

ブラックは借りれない

業界用語のブラックとは金融事故を起こした人のことを言います。61日間以上に渡って返済が滞ったりして個人信用情報にキズがある人や、自己破産や債務整理もブラックに当てはまります。個人信用情報はCIC、JICCなどで開示できるので、気になるかたは開示請求をしてみるとよいです。

ブラックの人は大手消費者金融の場合、自動審査で落ちます。消費者金融によって仮審査だったりと呼び名は違いますが、本審査の前段階で落ちることがほとんどです。審査の内容は全く情報開示されておらずブラックボックスですが、自己破産していると借りれないというのは何となく想像できすね。

総量規制以上では借りれない

プロミスなどに代表される消費者金融は、賃金業法のもとで融資を行っています。「個人向け貸付」(ほとんどがこれに当てはまる)の場合、年収の1/3までの融資に制限されています。

例えば年収300万円なら100万円まで融資できます。融資の合計額が100万円なので、クレジットカードのキャッシング機能を使い30万円借りていた場合、消費者金融では最大でも70万円まで借りることができるイメージです。どこで誰がいくら借りているかは、CICやJICCなどで管理され情報を開示することができるので調べれば分かってしまいます。消費者金融は総量規制以上の貸付にならないように、きちんと審査します。

定期収入がないと借りれない

「定期的に給与を貰っていない」ことは「どの会社にも属していない」ので社会的信用がありません。そのため専業主婦や無職の方で定期収入がない場合は消費者金融からの融資は断られます。もしも「無職でも借りれる」「誰でも借りれる」と広告に表示されていたら、それは違法な金融業者(ヤミ金、闇金)かもしれませんので絶対に借りないでください。

中小の金貸しに申し込む人はこんな人

中小消費者金融は全国に1800あります。そのほとんどがTVCMなどの広告を出していないので、世間一般の認知度はありません。

中小消費者金融には「誰が何の目的でお金を借りにくるのか」ですが、大手消費者金融で審査落ちした人が申し込みにやってきます。過去に金融事故を起こして個人信用情報にキズがありブラックな人が大手消費者金融の審査に落ちるのです。そのような人がいわゆる街金と呼ばれる中小規模の消費者金融で融資を受けます。そしそれなりの理由があります。

消費者金融の審査に通らない!もしかしてあなた「ブラック」かも!その特徴まとめ

中小の金貸しはブラックや自己破産でも借りれる

ブラックで自己破産や任意整理した人は大手消費者金融の審査で落とされます。その受け皿として中小消費者金融が存在します。中小消費者金融は大手消費者金融と違う審査基準を設けていますので、借りれるということです。

中小消費者金融の審査のポイント

ブラックでも自己破産でも借りれるとはどのような審査基準なのでしょうか。審査基準は公に公開していないので憶測でしかありませんが

過去に金融事故を起こしてキズがある人の場合

「過去のことはさておき、現時点で定期的な収入があり、そこから他社で借りた分を返してもまだ余裕がある」と判断した場合は借りれます

自己破産した人の場合

「自己破産=他社で借り入れなし」「支払い能力あり」と判断されれば借りれます。

中小の金貸しでブラックが借りるまとめ

このように中小消費者金融は大手消費者金融と違ったリスクの取り方で貸付を行います。

しかしブラックのひとでも融資する中堅消費者金融は存在しますが、ほとんどの消費者金融は貸してくれません。

もし「ブラックOK」「審査なし」の消費者金融があれば、それはヤミ金です。絶対借りてはいけません。

中小の金貸しは即日 で借りることは可能か

「大手消費者金融の審査に落ちてしまったので中小消費者金融で借りたい、しかも即日で!」このような場合、中小でも即日では難しいと思います。

なぜなら中小消費者金融は個人信用情報機関の情報を閲覧し「あなたが大手消費者金融の審査に落ちた」ことが分かっているからです。

そのような人に簡単には貸すことはなく、厳格な審査をするため即日では不可能のことがほとんどです。しかし中小消費者金融の中には即日融資をしてくれるところは少なからずあるにはあります。

中小の金貸しから即日で借りる方法

中小消費者金融は街金と呼ばれ地域に根付いた金融会社が多いのですが、その中でも全国展開している中堅消費者金融を紹介します。

フタバは創業50年以上の信頼ある会社で準大手消費者金融と呼んでも良いでしょう。フタバは審査が柔軟なことで有名で現在の返済能力を重視して融資をするかどうか判断してくれます。

要するに収入と他社で借り入れしている返済額のバランスを考え、まだ貸しても「返済できる余力がある」と判断したなら融資をする可能性が高いのです。

フタバで即日で融資を受けるためのポイント

1、平日の午前中までに申し込む

2、必要書類を用意する

3、会社で在籍確認はできるのか確認する

以下で詳しく説明します。

平日の午前までに申し込む

フタバは大手消費者金融のように専用ATMがありませんし、コンビニ・銀行ATMに対応していません。振込先は自分の口座になりますので金融機関が開いている15時までが即日で借りるタイムリミットです。ですので審査時間を考えて午前中、遅くても14時までには申し込んでおく必要があります。

必要書類を用意する

中小消費者金融は現在の返済能力を重要視するので必要書類は必然的に多くなります。

・直近の給与明細2か月分

・源泉徴収票(12月頃もらえる)

・住民税課税決定通知書「あなたの今年度の住民税はこれだけです」という通知書。6月頃にもらえる。

この中で1点ないし2点が必要になります。何点必要かは申し込んだ人によって違います。

会社で在籍確認はできるのか確認する

審査のなかで在籍確認はどの消費者金融でも必ず行います。現在の返済能力を重視するのなら、本当に勤めているのかは必須です。消費者金融から勤め先の会社に電話をするのですが

・消費者金融名ではなく担当者個人名で電話をする(もしもし鈴木と申します)

・「○○さんいますか?」といった感じで電話の内容は言わない

・外出していてもOK(ただいま○○は外出しておりますといった受け答え)

このような在籍確認でものの1分もかからず終わります。

しかし会社によっては「プライバシー保護のため返答を受け応えます」といった対応ですと在籍確認ができずに審査落ちになってしまう可能性があります。この対策としては、会社の電話受付に「クレジットカードの在籍確認がある」と伝えておけば大丈夫です。クレジットカードは誰でも持っていますので違和感はありませんよね。

金貸しの中にヤミ金が混ざっている

ヤミ金は金貸しではなく、ただの犯罪者集団です。金貸しの中に混ざっていることがよくあり、その特徴としましては

1、ヤミ金は他社の賃金業者登録番号をパクッって掲載している

2、固定電話でも安心しないで、携帯に転送されます

3、事務所を構えていない

4、低い金利と高い融資額

5、ソフトな受け答えでヤミ金とは思えない

ヤミ金は他社の賃金業者登録番号をパクッって掲載している

仮にヤミヤミローンという会社の広告を見つけました。その会社のHPには賃金業者登録番号がのっています。しかしその番号は正規の消費者金融の番号をそのままパクって掲載している可能性があります。パクっているかは金融庁の「登録賃金業者検索サービス」から登録番号と電話番号の2つをいれて検索します。登録番号はだけですとパクっているので正しい検索結果がわかりません。ヤミ金も電話番号は正しい番号をHPに記載しないと営業そのものができません。この2つをいれることでヤミ金かどうかを高い確率で判断できます。 

固定電話でも安心しないで、携帯に転送されます

ヤミ金のなかには固定電話を掲載しているところもあります。ちゃんとした消費者金融のように見えますが、その電話番号にかけると携帯電話へ転送されます。しかもその携帯電話は警察の摘発から逃れるために、多重債務者から取り上げたものです。警察が電話会社に問い合わせ携帯電話から住所が分かってもヤミ金とは関係ないてこともあるようです。

事務所を構えていない

これも警察の摘発から逃れるためです。もし広告に住所がのっていたら嘘八百の可能性があります。実際に事務所のある住所に行ってみるのも必要です。それが無理ならよくわからない金融へは電話してはいけません。

低い金利と高い融資額

「金利5.6%200万円まで融資可能」このような広告を見つけたら間違いなくヤミ金です。まず金利が低すぎます。街金が銀行カードローンよりも金利が低いわけありません。しかもはじめて融資する人にいきなり200万円は普通は貸してくれません。「審査なし」「ブラックOK」これらは誇大広告ですし、賃金業法違反にもなります。ヤミ金は犯罪者集団なので違反も何もないのかもしれません。

ソフトな受け答えでヤミ金とは思えない

融資を申し込もうと電話をしてみると、意外にまともな受け答えでヤミ金ではないのかと思うことがあります。しかしそれは俗にいうソフト闇金です。ソフト闇金は柔らかな受け答えでまともな消費者金融と勘違いします。しかし金利は年109%と違法金利で、出資法の年20%から大きくかけ離れています。羊の皮をかぶった狼のようなものです。

金貸しという個人間融資

新しい金貸しの形として個人間融資があります。SNSや個人間融資掲示板を通して借主と貸主が交渉をして貸し借りをするのです。では、なぜ個人間でやり取りするのか?どんな危険があるのか?をまとめてみます。

1、ヤミ金、詐欺師のかくれ蓑になっている

2、個人間のやり取りは最大金利109.8%

3、個人情報を悪用される

4,性犯罪の被害にあう

5,手数料、保証料を請求される

ヤミ金、詐欺師のかくれ蓑になっている

「即日振込可能です」「利息、返済はお話を伺いながら決めましょう」こんな書き込みをよく見ます。これはウソと思ったほうがよいです。どこの誰だか知らない人にいきなり即日で振込ますか?借主が絶対返してくれる保証はありますか?答えはNOです。貸主もバカではないので即日振込などはしません。じゃあなぜ「即日振込可能」と言っているのか、それは振込先であるあなたの口座番号を知りたいからです。振込先をゲットしたヤミ金は1万円(例えば)をあなたの口座へ振り込みます。決してあなたの希望金額を振り込んだりはしません。するとヤミ金は「10日後までに5万円の返済しろ」を求めてきます。これがヤミ金のやり方である「押し貸し」です。

個人間のやり取りは最大金利109.8%

個人間の貸し借りでは2つの法律が適用されます。出資法と利息制限法です。出資法では消費者金融から個人へ貸す最大金利は20%です。しかし個人から個人への最大金利は109.5%になります。10万円借りたら1年後に20万9千5百円を返す計算です。109.5%を超える金利を要求すると罰則がありますが、109.5%までは罰則はありません。もう1つの利息制限法では個人間のやり取りでは最大金利は20%です。利息制限法では罰則はありません。ですので個人間のやり取りでは出資法の最大金利109.5%が適用される場合が多いです。話がややこしくなりますが、利息制限法を超える金利は無効になり、109.5%の金利は無効です。話をまとめると

「出資法の109.5%の金利を請求される可能性はあるが、法律上では利息制限法を超える金利109.5%は無効なので個人間は金利20%が多い」

個人情報を悪用される

「身分を保証するために運転免許証または社会保険証の提示をお願いします」このような書き込みも注意が必要です。あなたの住所を知ったヤミ金はその住所を他のヤミ金業者に売ることがあります。そうなると大量のDMが送られてきます。それなら優しいほうで、職場に大量の宅配ピザが届けられたという話も聞きます。個人情報は安易に提示しないほうがよいです。

ワイセツ犯罪の被害にあう

「女性を応援します」「主婦、女学生限定」「お金は手渡しです」など女性に限定したり直接会って融資をするなどはワイセツ目的です。最悪、車で連れ去られる可能性もあります。大変にリスクが大きくこのような貸主とはコンタクトを取らない方がよいです。

手数料、保証料を請求される

「先に事務手数料、保証料合わせて3万円を振り込んで頂ければ融資いたします」この書き込みも詐欺の可能性大です。振り込んだら終わり、その後は音信不通になります。

個人間融資まとめ

・ヤミ金の「押し貸し」被害にあう

・金利109.5%を請求される

・個人情報を悪用される

・ワイセツ犯罪に巻き込まれる

・振り込め詐欺にあう

このように個人間融資はデメリットしかありません。これ以上借金を増やさないためにも

個人間融資は絶対利用しないでください。

金貸しとレンタル店、質屋のグル

ヤミ金などの金貸しはレンタル店と質屋を経営している場合があります。

ヤミ金は多重債務者にレンタル店で高級時計をレンタルしろと言います。こんどはそのレンタル高級時計を質屋に入れ融資を受け、その金で返済をしろと言うんです。質屋で手に入れた現金はヤミ金の返済にあてたので、当然ありません。現金がないので質屋に質入れした時計は3カ月後、質流れ(質屋のもの)になってしまいます。一時的にヤミ金への返済はできますが、毎月の高級時計レンタル代が残ります。しかも質屋で受けた融資の金利は「質屋営業法」により最大109.5%の金利がかかります。例えば質屋で月利9%で30万円融資を受けた場合、月々の利息は27,000円です。1年間の利息は324,000円で、元金と合わせて62万4千円の返済になります。ここで問題なのが裏で糸を引いているのはヤミ金業者で、レンタル店質屋は合法で商売をしている点です。合法なので問題が表に出てこず、ヤミ金業者も手を汚さずに済みます。最初にも言いましたがヤミ金はレンタル店、質屋とグルです。貸し出された時計も偽物かもしれません。多重債務者は合法的に金利109.5%の借金を背負わされるのです。

金貸しに高級時計やバッグをレンタルして質屋に入れろと言われても、絶対に従ってはいけません。

金貸し銀行の利便性

金貸しと言えば消費者金融を思い浮かべそうですが、銀行も広い意味では金貸しです。

・消費者金融に比べて金利が低い

・ヤミ金のように違法性はない

・銀行ならではの審査基準

銀行は銀行法で貸し出しているので消費者金融の改正賃金業法とは利便性が違います。消費者金融は改正賃金業法の総量規制で収入の1/3までしか借りれませんが、銀行法ではそのような規制はありません。銀行の貸し過ぎが原因かどうかは分かりませんが、自己破産者が増え数年前に社会問題になりました。その結果、みずほ銀行は消費者金融と足並みをそろえるように収入の1/3までしか借りれません。ネット銀行や地方銀行などはまだまだといって感じのようです。

消費者金融に比べて金利が低い

銀行カードローンは消費者金融より金利が低く設定されていますので魅力的に思えてしまいます。生活費に困った人が銀行カードローンで借りることが多いようです。即日で融資を受けることは2018年からできなくなりましたが、翌日から2週間の間で借りることができます。

ヤミ金のように違法性はない

金貸しと言っていますが銀行ですから、ヤミ金のような違法業者と比べるもなにもありません。でも金貸しから借りたい人の中には銀行も消費者金融からも借りれなかった人がいるのではないでしょうか。そこで本当に困ってヤミ金に借りるくらいなら一度、都道府県や市などの自治体へ相談してください。「生活サポート基金」や「生活困窮者自立支援」「国民生活センター」という事業を行っています。借金の返済や生活費などに苦しんでいる人のための貸付制度が用意されています。

銀行は客層にあわせた審査基準

銀行カードローンを使う客層は消費者金融カードローンの客層とでは異なります。銀行は40~50代、消費者金融は20~30代でそれぞれ借入する金額も違います。

40~50代が銀行カードローンを借りる目的は冠婚葬祭や入学資金などまとまった資金を借りるのに対し、20~30代は消費者金融カードローンで少額を短期間で借りることが多いようです。

40~50代は20~30代と比べて収入や雇用形態が安定し、返済できる能力がある人が多くいる傾向です。そのため返済できる能力がある人には必要な資金を貸し出します。

銀行は様々なデータを駆使して最適なスコアリングモデルをつくり過剰な借り入れが起こらないようにしています。しかしメガバンクのように十分なデータを持ち合わせていない銀行は過剰な借り入れの恐れがあるので、ご自身で冷静に判断してください。

金貸しと「学生ローン」

学生で金貸しから借りる場合は学生ローンという選択肢もあります。

・大手消費者金融より金利は低め

・学生ローンは東京に集中

・地方の方は大手消費者金融一択

・来店しての借り入れと返済か振込

・提携ATMがある大手消費者金融のほうが利便性が高い

・親バレが絶対ないとは言えない

・小規模な会社が多く個人情報の扱いに不安

・土日は借り入れできない

・18,19歳に貸すのはグレーゾーン

学生ローンは学生に特化したローンで、東京近郊に集中しています。学生ローン会社は基本的に来店しての借り入れになるので地方に住んでいる方は難しいと言えます。

地方都市に住み20歳以上であれば大手消費者金融を使う方が利便性は高く、コンビニATMを利用して借り入れ返済ができます。学生ローンの金利は15~17%と大手消費者金融よりも1%低く設定されていますが、個人情報の扱いに関しては怪しいところがあります。

学生ローン1社からお金を借りたら、なぜか次々と他社の学生ローンからDM(ダイレクトメール)が届いたという口コミもあります。

特に女性の一人暮らしの場合は住所を知られることになりますので利用を考えたほうがよいです。メガバンク傘下の大手消費者金融で借りたほうが安心で安全といえます。

18歳19歳でもクレジットカードのキャッシング機能で金貸し

銀行カードローンも消費者金融カードローンも対象年齢は20歳以上です。高校を卒業し働いていてもカードローンは組めません。このような場合クレジットカードのキャッシング機能を使って金貸しできます。

・親の同意があれば18,19歳でもクレジットカードは作れる

・カード限度額は10~30万円

・18,19歳は信用がないのでキャッシングは0~10万円まで

18,19歳で金貸しから借りたい場合もあるでしょう。先ほどは「学生ローン」を紹介しましたが、18,19歳に貸し出すのはグレーゾーンで基本的には無理と思ってください。

「学生ローン」の中には18,19歳でも貸してくれるところはありますが、ヤミ金だった場合を考えて、他で借りる方法を考えるべきです。その1つとしてクレジットカードのキャッシング機能を使う方法です。

信用はないので金額は少ないですが、ないよりはましです。Life cardならキャッシング枠が最大10万円です。年会費は無料で海外で利用すると5%還元されます。カードは最短3日営業日で発行され、ポイント還元率も0.5~3.3%と高くマイルにも交換できます。