すぐ借りれる銀行カードローンは現在もあるのか?

銀行カードローンで審査が早く終わり、すぐ借りれる金融機関はあるのでしょうか。 結果から言いますと、現在、銀行カードローンで即日で借りるのは難しいといえます。即日で借りたい方は大手消費者金融を選びましょう。

すぐ借りれる銀行カードローンがなくなった訳

2015年頃までは銀行カードローンも即日融資が可能でしたが、2016年頃から過剰貸付が社会問題となり、すぐに借りれるということはなくなりました。現在では、銀行にもよりますが最短でも翌日、おおよそ1週間から2週間後の融資となることが多いようです。

 

すぐ借りれる銀行カードローンが原因で自己破産者が増加した?

以前は、すぐ借りれる、審査がゆるい、総量規制以上を貸してくれると評判だった銀行カードローン。銀行カードローンによる貸付金が年々増加する一方で、減少傾向だった自己破産者が増加しました。しかし銀行カードローンの過剰な貸付が原因で、自己破産者が増加した根拠はありません。ただの偶然の可能性もあるよです。 確かに銀行にはノルマが実在し、 そのノルマを達成するため過剰な貸付があったのは事実のようです。銀行カードローンは銀行法に従って貸付をしているので、賃金業法の総量規制は当てはまりません。年収1/3以上の貸付も可能で、 無職の主婦が銀行カードローンで200万円借りた例もあるようです。

 

すぐ借りれる銀行カードローンは金利が魅力

カードローンに申し込もうと考えている方は、銀行カードローンにしようか、それとも消費者金融カードローンに申し込むか悩むところではあります。銀行カードローンの金利の方は約15%と低い傾向にあり、大金を借りる方や、長期間借りる方や、借金を一本化したいと考えている方には魅力的です。銀行の中にはWEB上にだけあり、店舗が実在しないものもあります。 このような銀行の方が金利が低い傾向にあり利便性も高いようです。

 

消費者金融カードローンの金利が高いが利息無料がある

消費者金融カードローンは銀行カードローンよりも数パーセント金利が高くなる傾向にあります。しかしそのぶん初めて借りる方はアコム、プロミス、アイフルなどは30日間、レイクALSAは最大で120日間利息が無料0円のサービスがあります。このサービスは銀行カードローンにはなく、大手消費者金融ならではです。少額を借りたい方や、短期間で返済するつもりの方、 ローンカードや郵送物をなしにしたい方は多少金利が高くても大手消費者金融を選ぶ傾向が高いようです。

 

銀行カードローンの審査通過率は消費者金融の半分程度

大手消費者金融で有名なアコムですか審査通過率は45%~50% と言われています。比べて銀行カードローンの審査通過率は、その半分程度のようです。申し込みした人の3人に1人は審査に通過できないわけですから、なかなか厳しいと言えます。しかも、審査にかかる時間は長く1週間から2週間は見積もっていた方が良いようです。

 

すぐに借りれるかも?銀行カードローンの融資までの期間は?

銀行系カードローンはどの銀行のHP を見ても融資までの期間は書かれていませ ん。 この背景には2016年頃の銀行カードローンによる過剰融資問題の影響があるようで、金融庁から過剰な広告はしないようにと注意勧告があり、 銀行自ら自主規制をしているようです。ですので銀行別に融資までの期間は調べてみました。

三菱UFJ銀行

バンクイックで有名な三菱UFJ銀行カードローンですが、保証会社がアコムになります。アコムの長年培ったデータと審査方法で銀行系カードローンの中では、申し込みから融資までの期間が短いようです。 最短で翌日との口コミもあり銀行系カードローンの中では最速の部類に入ります。

三井住友銀行

爽やかな印象のテレビCMで有名な三井住友銀行カードローンですが、融資までの期間は最短で2~3日程度のようです。場合によっては一週間以上かかることあるようです。

楽天銀行カードローン

楽天銀行の歴史は比較的新しく、WEB上存在する実店舗のない銀行です。融資までの期間は最短で翌日程度のようです。こちらも三菱UFJ銀行同様に、比較的早い対応となります。