本当に借りれると噂の個人融資掲示板を調査してみた件

本当に借りれる」「本当に借りれた」と個人融資掲示板に書いてあることがあります。きっと、個人融資掲示板を見て、借りようと思っている方は個人信用情報にキズがある、つまりブラックでどこからも借りれずに本当に困っているのではないでしょうか。しかし、本当に借りれたとしても最終的には闇金を紹介されたり、そもそも初めから闇金だったなんてこともあるのです。後々に闇金だと気づいた時には、非常に高い違法な金利を請求されることが考えられます。まずは本当に借りれるという噂は一度冷静になって考えて見てください。本当に借りれると言うことが掲示板に書いてあったとしても、それを書いたのが闇金の人間かもしれません。借りたくてもどこからも借りることができず本当に困っていて、焦る気持ちは分かりますがそのような書き込みがあっても、まずは信じずに一度冷静になってみましょう。

 

本当に借りれると個人融資に偽った闇金の見分け方と特長

次のような文面をネット上で見つけたら要注意です。

・絶対借りられる個人融資、街金

・ 多重債務者でも絶対に借りられる

・ 電話番号ではなくメールアドレスのみ掲載している

 

多重債務者でも「絶対借りられる」ということは「絶対返済させます」とも言えます。貸したからには返済してもらわなければなりませんが、中には借りるだけ借りて飛んでしまう輩もいるわけです。

そのような輩でも絶対に返済させると言う、かなりの腕っぷしに自身があると見受けられます。そのように腕っぷしに自信がある方に違法な金利を請求されてはたまったものではありません 。絶対に関わらない方が良いと言えます。

ネット上には闇金などの違法者が自作自演したサイトやブログがあります。アクセスしてきた人を信じ込ませるために嘘の口コミが書いてあり、「個人的に融資してもらい助かりました」などの口コミのあと、連絡先のメールアドレスが掲載されていたりします。

携帯電話番号では警察などに足がつく可能性があるので Gmail などのメールアドレスのみが掲載されます。それはあなたを騙そうとする、闇金などの違法者が自作自演したもので決して連絡してはいけません。身を滅ぼすだけです。

本当に借りれる と言う消費者金融も闇金の可能性が高い

「本当に借りれる」 ということは誰でも貸します、どなたでも貸しますと受け取れます。ろくに審査をせずに 貸している可能性があり、俗に言うところの「審査なし」と言った宣伝文句のようです。

まともな消費者金融は賃金業法を守った金利で営業しますので、 違法な金利を請求することはありません。貸し倒れになっては困るので、きちんと審査し貸付するのです。

しかし中には金融庁に賃金業者として登録しているにもかかわらず、賃金業法以上の違法な金利を請求する業者もあり、やっていることは闇金と何ら変わりません。

このような業者は「本当に借りれる」「誰でも借りれた」という文句で集客します。個人融資間掲示板に書き込んでいる可能性があるので注意が必要です。 きちんと法律を遵守した消費者金融は、過剰な広告などはしませんし、店舗を構えていることがほとんどです。

気になる消費者金融があれば、まずは賃金業登録番号を見てください。東京都の賃金業者なら「都(1)第✖✖✖✖」と書いてあったりします。「都」の後の(1)というのは開業してから3年未満の若い会社です。3年ごとに更新をして1から2へと数字が増えていきます。数字が大きいほど長年経営していて、信頼のある会社とも言えます。このように数字の若い会社は要注意で、本当に店舗や本社があるのかを確認してから、借りるかどうか決めてください。

 

本当に借りれるのは大手消費者金融だけ

個人間 融資や中小消費者金融などの街金にしろネット上のクチコミ情報はあてにならないので、「本当に借りれる」のは大手消費者金融だけです。 しかしブラック属性の人は難しいでしょう。

ブラック属性の中には債務整理し返済終了後なら大手消費者金融でも貸してくれる業者もあるようです。そのような時は以前に借りていた大手消費者金融ではなく、違う大手消費者金融に申し込むと審査に通る可能性があります。

債務整理し現在返済中の方は、 大手消費者金融と中堅消費者金融の間ぐらい、準大手消費者金融と呼ばれる業者へ申し込むと、意外に審査に通る可能性はあります。