金貸しの仕事内容って気になりますよね!銀行から消費者金融、闇金まで全て解説します

「金貸しの仕事をしたい」「金貸しの仕事の内容を知りたい」と思っても、金貸しの仕事ってどんな感じなんだろう?って疑問だらけですよね

金貸しの代表格である銀行や消費者金融、はたまた違法なヤミ金融まで金貸しの仕事について探っていきたいと思います。

金貸しの代表格である銀行の仕事とは

銀行で働きたいと考えた場合一般職なのか、総合職で働きたいのかどちらかの選択します。

一般職は個人を相手にした業務、いわゆる銀行の窓口の仕事のことで、リテール部門と呼ばれます。

リテール部門はお客様の預金を管理したり住宅ローンなどの貸付を担当します。

あと公共料金を口座振替するなどの為替業務を行います。

一般職で働いた場合、転勤や異動などはありませんが銀行の統廃合などでリストラにあう可能性は高いです。

日本は他の国と比べて金融機関が多く、これからますます統廃合などの理由で人員削減が進むでしょう。

そしてフィンテックの台頭で金融業界へのIT化が進みリテール部門の仕事はなくなっていきます。

総合職ですが基本的に様々な業務を行います。一般的な銀行では1つの店舗でずっと働くのではなく、各店舗で働きキャリアをあげていくことになります。

全国展開している銀行の場合(いわゆるメガバンクなどがそれにあたります)日本中で働いてキャリアアップすることが当たり前で、海外などの支店で働く機会もあります。

メガバンクなどは国内のリテール業務だけでは収益が見込めず、海外での融資や投資を拡大する傾向にあります。

そのような海外展開を進めている銀行へ就職を考えている場合は、母国語以外の第二外国語をマスターすると良いでしょう。

身近な金貸し消費者金融の仕事とは

多くの人が1度はお世話になったことがある消費者金融の仕事とはどんなものでしょうか。

消費者金融も銀行と同じように2つの業務に分かれ、1つは顧客管理業務、もう一つが受付及び一般事務です。

実際に消費者金融の求人情報などを見ると2種類の募集が掲載されています。

顧客管理業務はお客様への対応、貸付などの接客業務や営業全般の仕事です。

給料は銀行などの金融機関と比べて少ない印象はありますが、賞与が年に3回あるなどの会社もあるようです。

受付及び一般事務は電話や窓口での対応、パソコン入力、営業補助などの一般的な事務作業になります。

給与は銀行などの金融機関と比べて、特別高いわけではなく一般的な企業の事務員の給与と同程度です。

そのかわり賞与は年3回ある会社もあるようなので、年収としては良いのかもしれません。

消費者金融の代表格であるアコムの採用情報を見てみると、営業、社内SE 、総合職、広報など幅広い職種が募集されていました。

年収は5,00万円から7,00万円となっており、三菱UFJ銀行の子会社だけあります。

中堅の消費者金融であるエイワの求人を見てみると、管理業務と一般事務を募集していました。

エイワは年に3回賞与があり手当も充実している内容でしたので、アコムの年収には若干劣りますが一般的な会社の年収よりも良いようです。

ヤミ金等の金貸しの仕事

違法な金利で善人から金を奪い取るヤミ金の仕事はどんなものなのでしょうか。

ヤミ金からお金を借りたことがある人なら、どんな人物がヤミ金の仕事をしているのか容易に想像できると思います。

まず見た目が強面で堅気の職業ではない風貌をしております。

最近ではソフトヤミ金と言われる闇金も存在します。話口調がソフトで、とても暴利な金利でお金を貸すようには感じさせません。

ソフトヤミ金は対面での金貸しではなく、主に振り込みを使い融資をしているようです。

顔を覚えられることを極端に警戒しているのかもしれません。

そのような意味合いからヤミ金が進化し、ソフトヤミ金になったと言ってもいいでしょう。

もしヤミ金等の仕事に興味があるならば、漫画ウシジマ君を読むことをお勧めします。

主人公のウシジマ君とその仲間たちが、違法な手段を使って利益を上げていく物語です。

フィクションなのでどこまで本当なのか分かりませんが、参考程度にはなるかと思います。

金貸しの仕事に興味がある人向けの本

金森兄弟をご存知ですか?サラ金取り立てナンバーワンの金森信二郎氏と弁護士の金森重樹氏のことです。

その2人が書いた著書「自己破産せずに借金を返す法」は読んでおいて損はありません。

金貸しの全体像をざっくりとですが、感じることができる内容になっています。

サラ金と呼ばれていた時代の消費者金融やヤミ金、そして自己破産まで金貸しをなりわいと考えているならば、学校では教えてくれない知ることができない世界が描かれています。

金貸しの代表格である銀行という仕事の将来性は

金貸しと言う仕事に興味がある人にとって将来性は気になるところです。

銀行はフィンテックとIT化で既に集団左遷が始まっています。

集団左遷は福山雅治主演のドラマ化され、注目を浴びました。

ドラマの中では左遷は悪とされ、支店を守ることが善とされましたが、本当にそうでしょうか。

毎朝、銀行のシャッターを開けるたびに赤字が膨らんでいくのに経営を続けるのは難しいと考えます。

一昔前までは銀行の窓口に行列ができる事があったようですが、現在では銀行ATMやネットでの銀行も普及し窓口にまで行く必要なくなったのです。

海外の銀行に目を向けると、日本の銀行のような形態は消滅しつつあります。

日本の代表的な形態である、お店の中央に窓口があり半分がお客様のスペース、もう半分が銀行の事務処理を行うスペースと分かれているような店舗は絶滅していく運命にあるようです。

海外の最新の店舗形態はATMが2〜3台入るような小さなスペースに店員が1人だけいる店舗がほとんどです。

その小スペースに1人のスーパーアドバイザーが預金の引き出しや振り込み、住宅ローンから資産運用のアドバイスまでほとんどを行うようです。

これから人口の減少へ向かう日本の将来性を考えると、海外のように小スペースで切り盛りするような支店が次々にできる可能性は大いにあります。

ということは、銀行の社員一人一人に高い能力が求めらる時代がくるかもしれません。

身近な金貸しである消費者金融の仕事の将来性

消費者金融の将来性はあるのでしょうか。2,000年以降、賃金業法の改正により3万社近くあった消費者金融は、2000社近くまで激減しました。

そして大手消費者金融であるアコム、プロミス、レイク、アイフル、モビット等の収益を見てみると、その半分以上が銀行カードローンの保証業務で利益を得ています。

保証業務とは、銀行の変わりに審査したり遅延金を回収することです。

この保証業務の利益がなければ経営が成り立たなくなってしまっても、おかしくはありません。

保証業務以外の消費者金融としての純粋な利益は減少傾向のようです。

その反面、準大手消費者金融と呼ばれる金融会社は順調に店舗数を増やしているところもあります。

準大手消費者金融のセントラルはもともとは大阪で地域密着型の金貸しをしていたのですが、東京へも店舗数を伸ばしていき順調に全国展開しています。

そのような金融会社に就職をすれば支店長まで昇進できる可能性は高いと言えます。

セントラルは全国のセブンイレブンATMを利用し借り入れや返済ができるので、大手消費者金融と何も遜色はありません。

大手よりも審査が柔軟であるため、借りる側にとっては頼りになる存在です。