銀行からカードローンの案内が届いた人は絶対に借りれるのか?徹底調査してみた件

銀行からカードローン案内(ダイレクトメールDM)が届いたことはありませんか?私も実際にダイレクトメールが届いた時ちょっとお金に困っていたので、ものすごく興味を惹かれました。でもこの案内は、確実にカードローンで借り入れが出来るという案内なのでしょうか?

 

銀行からカードローンの案内は確実に借りれる保証がついたものではない

 

銀行からカードローンの案内が届くと誰でも期待してしまいますよね。これはきっと確実に借り入れできる保証のあるダイレクトメールとポジティブに考えがちです。

 

しかし実際はそうではありません。銀行は本人の承諾なしに個人信用情報を開示することができないので、カードローンの審査をすることはありません。ということは、審査に通ったわけではなく確実に借りれる保証が付いたものではないのです。

 

でもダイレクトメールで案内が来たということは、借りれる可能性が高い属性であると考えられます。ただ単に銀行の口座を保有しているだけで給料の振込みがなかったり、公共料金等の引き落とし口座に指定されていない場合の人は、このようなダイレクトメールの案内を来ないと思われます。

 

銀行からのカードローンの案内は年齢で区分けしているだけ

 

銀行からのカードローンの案内をする基準は一体何なんでしょうか? 元銀行員の方のお話を伺うと、どうやらただ年齢で区分けしてダイレクトメールを送っているようです。

 

まだまだ給料も少ない20代から40代を一区切りにし、定期的な給与の振込がある場合の人を選別して送るようです。

 

確かにお金を必要としている年代に一斉に送り、少しでも申し込みがあれば御の字といったところでしょうか。

 

給与振り込みに使用している銀行からカードローンの案内がきた人は高い確率で利用できる

 

複数の銀行を使用している人も多いのではないでしょうか?その中でも給与振込や公共料金の引き落とし口座に使用している銀行からカードローンの案内がきた場合は、高い確率でカードローンの審査に通ると考えられます。

 

銀行側は通帳の履歴が分かっている状態なので、給与はどれくらいあるのか?貯金はどれくらいあるのか?などが分かっています。

 

仮にカードローンを利用しても、返済不能に陥る可能性が低いと考え、案内を出しているのです。

 

給与振り込みに使用していない銀行からカードローンの案内がきたパターン

 

複数の銀行口座を持っている中で、給料振込みなどの口座に使用していない銀行口座もあったりします。そのような銀行からカードローンの案内がくるパターンは、はたしてカードローンの審査に通過することは可能なのでしょうか?

 

このパターンは、銀行側の営業の一環としてダイレクトメールを送っていると考えられます。先ほども言いましたが、年齢別などに区分けしてダイレクトメールを送っているようです。

 

案内が来たからといって窓口や ATM でカードローンの申し込みをしても、必ず審査に通るわけではないようです。

 

仮に申し込みをして審査に落ちた場合は、半年間は情報機関にカードローンの申し込みをしたと記録されます。

 

その情報を他の銀行や消費者金融が見た場合、「あの銀行カードローンの審査に落ちたので、審査には通さない」などのマイナスに影響するのかは各金融機関によって判断が違うので、何とも言えないところです。

 

銀行からローンの案内がきたからと言って即日融資してくれるわけではない

 

銀行からのカードローン案内がきたからといって ATM に行けば即時に借入できるわけではありません。あくまで案内だけであって ATM から申し込んだ後に審査をします。

 

しかもここ最近は 銀行カードローンによる過剰貸付が社会問題になった影響なのか、即日融資を自主的に規制しています。

 

銀行は保証会社へ審査を依頼し、その審査に通過してから融資をします。

 

銀行側から見ればカードローンはおいしい案件なので案内を出す

 

銀行はなぜそんなにカードローンの申し込みの案内を出すでしょうか?その他のローン商品はたくさんあると思います。

 

それはカードローンの金利が高く、利益を生み出しやすい商品だからです。100万円以内を銀行カードローンで借りる場合、金利は約15%前後になることが多いようです。

 

しかも銀行はアコムなどの消費者金融が保証会社となっています。保証会社は銀行によって違いますが、どの保証会社も審査と返済不能になった時の保証を受け持っているようです。

 

銀行側からしてみれば高い利益を生み出し、保証会社が審査と保証も受け持ってもらえるわけですから、 どんどん売り込みたい商品になります。

 

ですので銀行からカードローンの案内が届いたからと、必ずしも借りれるわけではありませんし、利用するにしても計画的にしましょう。

金貸し屋で安心安全に即日でお金を借りる|金融業者15選