消費者金融で借りることを選んだ理由をランキングにしてみた

「今月ピンチだ!」「給料日まであと10日もある!」こんな時 どこで借りればいいのか悩みませんか? テレビで消費者金融のCMを見ることはあっても、実際に利用しようと考えると一体どこで借りればいいのかおトクなのでしょうか?誰でも損はしたくありませんし、借りるのならば賢く借りたいものです。ここでは消費者金融で借りた理由ランキング形式でお伝えします。

 

消費者金融で借りたメリット理由をランキング 

 

1、申し込みから融資までが早い

大手消費者金融に限定されますが、申し込みから審査を終えて融資までの時間が早いことです。どの大手消費者金融も約1時間あれば借り入れでき、消費者金融によっては最短30分で借り入れできます。

2、借入する目的は自由

消費者金融のカードローンを利用する目的は自由です。生活費や娯楽費、ギャンブルなど何に利用しようと自由になります。もし、借金を複数の会社からしている場合はおまとめローンと言って、借金を一本にすることも可能です。その時はおまとめローンを利用すると良いでしょう。

3、保証人なし、担保なし

住宅ローンですと妻が連帯保証人となり、土地と建物を担保として借りますが、消費者金融のカードローンは保証人なし、担保なしが基本です。誰にも気兼ねなく、お金を借りることができるので精神的にも楽になります。

4、 借り入れしやすく返済しやすい

ほとんどの大手消費者金融は全国のコンビニ ATM を利用することができます。10万台以上の ATM を ほぼ365日24時間利用することができるので 、借入と返済は非常に楽になります。

5、カードなし、郵送物なし

スマートフォンの普及によって、カードがなくても ATM を利用することができるようになりました。スマートフォンのアプリがカードの役割をしてくれます。自宅にカードや契約書、利用明細書などが送られてくることがないので家族にバレる心配がなくなります。契約書、利用料明細書はアプリで確認できますの、郵送物なしにすることは可能です。

消費者金融で借りる理由!デメリットランキング

 

消費者金融で借りるデメリットももちろんあります。金利、総量規制、信用情報などが考えられます。

1、金利が銀行カードローンよりも高い

消費者金融にくらべて銀行カードローンは若干金利が低いことが特徴です。消費者金融は15%~~18%の金利ですが、銀行カードローンは3%~15%のところが多いようです。金利では銀行カードローンに負けてしまいますが、借りやすさでは消費者金融に軍配が上がります。

 

2、総量規制以上を借りれない

総量規制と言われると難しそうですが、ようは 賃金業法にそった営業をしている金融会社(消費者金融、クレジットカード会社、信販会社)から借りているお金が、年収の1/3以上にならないように規制されてることです。 融資の申し込みを受けた金融会社は情報機関で個人信用情報を照会し総量規制に当てはまらないか確認します。年収の1/3以内ならば融資しますが、年収の1/3を超える場合は審査に通らず融資できないことになります

 

3、返済が遅れた場合は信用情報に傷がつく

もし返済が 61日以上遅れた場合は「遅延」という金融事故になります。 金融事故を起こすと個人信用情報に傷がつき、新たに融資を受けようと金融会社へ申し込んでも審査に通りません。この「遅延」は返済日までの金額を納めれば「遅延解消」となります。ですがこの「遅延解消」は信用情報機関に5年間は記録されたままになります。「遅延解消」も立派な金融事故ですのでその間、新たに融資を受けようと金融会社へ申し込んでも審査には通りません。

 

銀行カードローンという手段もあり

消費者金融でなくても、銀行カードローンで借りるのも一つの手段かと考えます。 しかし銀行カードローンにもメリット、デメリットあります。

 

1、銀行カードローンは金利が低い

これは先ほども述べたように、消費者金融よりも金利が低い傾向にあります。 100万円以内なら約15%の金利になることが多いようで、これは大きなメリットになります。

 

2、年収の1/3以上を借りることができる

消費者金融などは賃金業法の総量規制によって借入額の上限が決められており、年収の1/3以上を借りることはできません。銀行カードローンでは銀行法にそった営業していますので、年収の1/3までなどという規制はありませんが、銀行側の自主規制により年収の1/3以上を借りることができなくなってきています。

 

審査の通過率では大手消費者金融の圧勝

カードローンの利用を考えているなら、必ず審査があります。 その審査の通過率を大手消費者金融と銀行で比べると、大手消費者金融の方が審査に通りやすい傾向があります。例えばアコムは45%~ 50%の審査通過率ですが、銀行カードローン審査通過率はその半分程度20%~30%と言われています。

 

消費者金融で借りる理由まとめ

消費者金融と銀行カードローンを比べてみましたが、やはり大手消費者金融の方がメリットは大きいと思います。 銀行カードローンも長期で借りる場合は金利が低いので有利ですが、カードローンの特性上、長期間借りるものではないと思いますので、多少金利が高くても総合的に考えると消費者金融に軍配が上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です