SNSで「#金貸します」とツィートしている人と連絡を取ったら・・・まじヤバいことになったから語っていく

Twitter などの SNS で金貸しますという、ツイートを見かけたことありませんか?

 

そのツィート主は金貸しなどの業者ではなく、個人の趣味でお金を貸しているようです。

 

と思っていたのですが、実際は詐欺や闇金などの悪徳業者で、実際に被害にあった恐怖体験を語ります。

 

SNS の#金貸しはトイチの高金利だった

 

私が大学生の時の話です。コミュ障の私は大学生活にあまり馴染めていませんでした。だんだんと授業もさぼりがちになり、一人で家にこもって SNS ばかり。

 

アルバイトは夜間のコンビニで働いていました。あまり人と深く関わりたくないので、夜間は人気のない住宅街にあるコンビニでを選びます。

 

夜間の仕事のため昼夜逆転の生活になり、しまいには学校にほとんど行かずに一日中家でTwitter などの SNS ばかりしていました。

 

そこで見つけたのが#個人融資、#個人間融資、#金貸します、などです。

 

「お金に困っていませんか?」「 まずは相談してください」といったツイートで、知識がなかった私は、世の中にはとてもいい人がいるんだなぁと思っていました。

 

そのツイート主に ダイレクトメッセージ送りました。「 3万円貸していただけませんか?」といった感じだったと思います。

 

すると ツイート主は「あなたが信用できる人か調べます。 学生証を写真で撮って送ってください」「 ダイレクトメッセージでは面倒なのでLINE でやり取りしませんか?」と言います。

 

何も疑問をもたなかった私はLINE ID を交換して、学生証をスマホで撮りLINE で送りました。

 

すると「明日直接会って3万円を手渡しします」と言います。

 

私はヤッターという気持ちでいっぱいで、金利については何も聞きませんでした。

 

家から出るのが億劫でしたが、駅近の喫茶店で待ち合わせます。そこで会ったのは、20代後半くらいの男性でした。見た目は普通で特別悪い印象はありません。

 

3万円をまるまる貸してくれると思っていたのですが、実際はそこから手数料と金利を引かれて、私の手元に残ったのは2万1000円でした。

 

10日後に33,000円を返済してくださいとのことでした。金利については直接聞いていませんが、おそらく10日で1割なると思います。トイチと呼ばれる暴利です。

 

10日で1割の金利だと年間の金利は365%になり、 1年後にはいくらになるのでしょうか?

 

SNSの金貸しからヒトトキを要求された

 

10日後に33000円を返せるはずがありませんでした。アルバイト給料日が2週間後でしたので、それまで待ってもらえないかとLINE で聞いてみました。

 

すると「私の胸の写真を送ってくれたら2週間後でいい」と言います。

 

しぶしぶ私は写真を送りました。 すると「胸と顔が一緒に写った写真じゃないとダメだ!」と言います。しかたなく私は改めて写真送りました。

 

2週間後の支払いは無事できました。がその後、学生証とわいせつ画像を握られているので「今度一緒にホテルに行こう」とか「学校でバラされたくないだろ」などと脅されました。

 

多分ホテルでいかがわしいことをされるんだと思ったので、私はSNSで知り合った金貸しのLINE をブロックしています。

 

本当に学校で写真をばらまかれるのではないかと思い、毎日が苦痛です。今思えばなぜ?あんなに怪しいツイートに反応してしまったのだと反省しています。

 

SNS の金貸しは詐欺集団か闇金業者

 

その事件があってから私は 「#個人間融資や#金貸します 」などのツイート主について2チャンネルや5チャンネルで調べました。

 

2チャンネル5ちゃんねるの掲示板では実際にお金を借りることができた人と、 騙されたりなどの被害にあっている人の書き込みの両方を見つけることができます。

 

騙されたりなどの被害にあっている人の中では「お金を貸すので、まずは保証金としてAmazon ギフトカード5000円分をコンビニで買ってカードの裏面のコード番号を教えてくれ」と言われます。そのとうりにすると、一切連絡が取れなくなります。いわゆる先振込詐欺にあったそうです。 その後は実際にお金を貸してくれるわけでは無く 、騙されたそうです。

 

私のようにヒトトキを要求される人も見つけられました。相手の弱みにつけこんだ卑劣な犯罪なので若い女性は特に気をつけてください。と言うか SNS で知り合った人からお金は借りない方がいいと思います。

 

実際に借りれたという書き込みの人は、本当に借りれたという確かな証拠はありませんし、悪い奴らの自作自演の書き込みかもしれません。

 

中には「個人融資に頼るな」「1日10万円以上可能」などと言って、 アルバイトへ勧誘するツイートもあります。が、そんなうまい話はありません。

 

そのツイートは LINEへ誘導するリンクがあります。リンク先から新たに LINE へログインすると、 自分の LINEのアカウントを乗っ取られる危険があるですので注意してください。

 

これはLINE 乗っ取り詐欺というやつです。 LINE を乗っ取られると友達へ「至急困っています。コンビニで Amazon ギフトカードを買い、裏面のコード番号を写真で送ってください」と言った LINEを手当たり次第に送られます。

 

債務者のスマホを使い Twitter を運用

 

詐欺業者や闇金などの悪徳集団は債務者に「金利を低くするので携帯電話を貸せ」と言って携帯電話を奪い取り、その携帯電話を使い Twitter を運用して集客するようです。

 

Twitterのアカウントは一台のスマホであれば 10のアカウントを複製できてしまいます。一つの携帯番号から10のアカウントを作れるわけです。

 

ですので悪徳集団の身元を携帯電話から割り出すことは不可能に近いでしょう。悪徳集団の身元が分からないのは怖いと思いますし、警察に相談しても事件が解決する保証はありません。自分の身は自分で守りましょう。

 

SNS で#金貸しますとは連絡をとらないで!

 

Twitter などの SNSや個人融資掲示板では善良な個人を装った、組織的な悪徳集団潜んでいます。ですので絶対にお金を借りないでください。

 

法律に反する非常に高い金利を要求されたり、先振込詐欺にあったり、ヒトトキを要求されたり、 LINE を乗っ取られたり、などの被害に遭う可能性があります。

 

SNS「# 金貸します」より消費者金融で借りた方が安全安心

 

消費者金融はサラ金と呼ばれていたようで、 あまり良いイメージではないのが本当のところです。

 

最初、私は消費者金融で借りるくらいなら、 SNS で知り合った個人から借りたほうがましだと思っていたのです。

 

SNS で危ない目に遭ってから、消費者金融で借りてみようと色々調べてみました。消費者金融の中でも大手と言われる消費者金融は、メガバンクグループの一員なのです。

 

例えばプロミスは三井住友ファイナンシャルグループの一員であったりします。そのような社会的信頼の高いグループの一員ですから、危ない目にあうことはありません。

 

昔のサラ金のイメージとはかけ離れているようで、現在の大手消費者金融は安心で安全に利用できる金融機関です。

 

SNSで悪徳集団に騙されるより、大手消費者金融に相談しお金を借りる方法が、絶対に賢い選択です。